微妙…。ゆるキャラさみっとの経済効果

 昨年11月に行われた「第4回ゆるキャラさみっとin羽生」の経済効果が18億円だという。

外部リンク 埼玉チャド・ヴァレー◆チャドバレー◆50'sアンティークベア◆Chad Valley【送料込み(一部地域除く)】 【測定工具】ミツトヨ(Mitutoyo) デジタルノギス ABSデジマチックキャリパ 200mm CD-20AX【451】(まとめ) リヒトラブ リクエスト D型リングファイル A4タテ 4穴 500枚収容 背幅64mm 黒 G1280-24 1冊 〔×30セット〕が試算」

 計算方法としては、2日間で来場者が約45万人おり、客単価を4,000円として算出したものだという。この客単価は、ルイヴィトン モノグラムiPhoneケース彦根ソフトバンク Wi-Fiスポット 業務用無線LANで使用している経済波及効果計算書というものを利用しているそうだ。

 ただ、この客単価は、たぶん過大だろう。
 なぜなら、会場内の飲食や物販の売上が、2日間で約8,400万円だからである。単純に、この売上から1人当たりの客単価を算出すると、187円。このほかに宿泊者がいたり、会場外でお金を使うこともあろうが、たぶん4,000円はいくことはあるまい。

 また、会場内には780店出店したそうだが、2日間で売上は約8,400万円なので、1店舗当たり10.7万円(日商ではその半分の約5万円)。この数値を大きいとみるか、小さいとみるかは業者や通常の売上にもよるだろう。しかし、出店に当たっては、小間料や出店用の設備、それに伴う人件費などがかかってくることを考えると、この出店で儲かっているところは、多くはないと思う。

 以上のように考えると、一見、「18億円」と聞くとすごいと思うが、経済効果としては正しいのか、本当に効果があるのかといった点で微妙と言わざるを得ない。
 行政的には、成果というものが必要であり、今回のような発表になったと思うが、注意が必要だ。

 ただ、私は羽生市のことを悪くいうつもりはない。
 成果と危機感を切り分けて、今後も頑張ってほしいと思っている。

 成果としては、やはり45万人の集客力はすごいと思う。
 延べ数であり、ダブルカウントはあるだろうが、これだけの数の人を呼び込むことができるというのは、成果として誇れることだろう。

(まとめ) 店研創意 ストア・エキスプレスのぼり用ポールスタンド 注水型 白 1台 (×10)

 折角頑張ってきて、成果も出ているのだから、安心せず、一層工夫を凝らして、頑張ってほしいと思う。

輝く高品質な TANOSEE 両開きパイプ式ファイルSt A4タテ 1000枚収容 100mmとじ 背幅127mm ライムグリーン 1セット(10冊) クリアファイル

タニタ デジタルスケール(取引証明以外用) KW1458SS(ステンレス) 4904785747401